切れ味・耐久性に優れる薄刃小型機械刃物を短納期でお届けします

関の100年機械刃物企業 有限会社エドランド工業  0575-22-0451 お取引について

関の工場参観日(2016年9月10日 日本刃物工具新聞)

   

関の工場参観日が日本刃物工具新聞の記事になりました。

 

以下掲載本文
関の工場参観日 ものづくりの魅力を”体感”

刃物関連10社など工場開放
企業は人材確保に向けPR活動
来場者数約3800人

関市内の事業所が工場などの生産現場を一般公開するイベント
「第3回関の工場参観日」
(主催=関市、後援=岐阜県関刃物産業連合会など)が、
8月24日から27日までの4日間開催された。
総来場者数は、前年より200人多い約3800人。

「関の工場参観日」は、関市の誇る刃物産業をはじめとする
各種事業所の高い技術力、高品質な製品づくりを
直に体験してもらい、また個性ある経営者や職人と接し、
事業所や製品知識を深めてもらうことを狙いにしている。

参加者は工場見学やワークショップ体験などを通じ、
関のものづくりの魅力を体感。
一方、事業所側は特に就職活動中の学生に、
人材確保に向けた自社のPR活動を積極的に行った。

地場産業の刃物製造をはじめ、金属加工、印刷、運輸、
食品製造など前年より2社増の合計27事業所が工場を開放した。
このうち刃物関連企業は、㈱石川刃物製作所(初参加、刃物製造)、
㈲エドランド工業(機械刃物製造)、㈱佐竹産業(刃物製造)、
㈲志津刃物製作所(刃物製造)、長谷川刃物㈱(刃物製造)、
フェザー安全剃刀㈱(金属製品製造)、
福田刃物工業㈱(工業用機械刃物製造)、
丸章工業㈱(刃物製造)、㈱ヤクセル(刃物製造)、
義春刃物㈱(刃物製造)の10社。

㈱石川刃物製作所は刃物用革ケースのヌメ革を使った
オリジナルキーホルダーづくり、
㈱佐竹産業と丸章工業㈱は包丁研ぎ体験、
㈲志津刃物製作所はチーズナイフの組み立て、
長谷川刃物㈱はハサミの仕組み体験、
義春刃物㈱は鉛筆削り体験など―
のワークショップをそれぞれ行い、
大勢の参加者が製作などを楽しんだ。

また、会期中、関市文化会館のインフォメーション会場には
参加事業所の製品が展示紹介されたほか、
名古屋工業大学の学生の指導下、
市内事業所製のダンボールカッターを使い、
オリジナルのヘルメットを作る「セキ・アルキメットプロジェクト」
のワークショップが行われ、約30組の親子連れで賑わった。

さらに、大垣市の情報科学芸術大学院大学の
IAMAS(イアマス)のモチーフワーク成果発表展示が初めて行われ、
同学生が5つの事業所を事前に工場見学し、
各事業所の今後の課題や期待、
そして可能性について学生の視点で提案したものが、
パネルや映像で紹介され、来場者の関心を集めた。

また、今回の大きな特長として、
不特定多数の人からインターネット経由で
小口資金を調達する「クラウドファンディング」が初活用された。
クラウド(群衆)ファンディング(資金調達)は、
投資された小口の資金に対して、お金ではなく、
工場自慢の逸品などのモノやサービス、
職人がつきっきりでモノづくりをレクチャーしてくれる
プレミアムな職人体験で返す(リターン)もの。
工場参観イベントでクラウドファンディングを導入したのは
関市が全国初で、注目された。

目標金額20万円に対して、最終的に約26万円が集まった。
支援資金は、工場参観日の運営費のほか、
参加事業所のワークショップの材料費や人件費に充てられた。

クラウドファンディングの継続について、
関市商工課では「前向きに考えたい」と話している。
以上掲載本文






こちらの記事もどうぞ!


お問合せはこちら 有限会社 エドランド工業 TEL0575-22-0451 FAX0575-24-1632 お問合せフォームへ

このページのトップへ